太陽観測フィルター自作キット




  •  キットには、次の3種類があります。
    •  日食眼鏡自作キット
    •  (望遠鏡用)太陽フィルター自作キット(被せ式)
    •  (望遠鏡用)太陽フィルター自作キット(ドーナツ式)


  •  望遠鏡用の2種類は、望遠鏡の先端部の形によって使い分けます。具体的には、レンズセルがとても薄い(レンズの最外周とフード部分の距離が7mm以下の)ものが被せ式、厚い(1cm以上ある)ものがドーナツ式です(7mm〜1cmの間のものは、現物を見て決めています)。また、大口径望遠鏡(概ね7cm以上)は、全てドーナツ式にします。
    •  なお、ドーナツ式の方が、作る手数は多いですが、作業に難しいところがなく失敗しにくいですし、最終的に丈夫にできます。先端部の形に関係なくドーナツ式を選んで頂いても構いません。ただし、セルがとても薄いものは、レンズ口径を少し犠牲にする(小さくする)必要があります。


  •  望遠鏡用キットの中には、日食眼鏡自作キットも1つ入っています。ただし、その眼鏡キットには太陽フィルターは入っておらず、望遠鏡用を作った時の余りを用います。
    •  一部の望遠鏡用キットでは、眼鏡を作れるだけの十分な余りが出ませんので、眼鏡キットにもフィルターを入れてあります。


  •  写真は、望遠鏡のドーナツ式のみ、自分のを作った時のものを少し撮影しました。この下に掲載してあります。
    •  被せ式と日食眼鏡は、連休に甥が遊びに来て一緒に何台か作る予定だったため、その時に写真を撮ろうと考えていたのですが、今年は来ないことになりましたので、写真をいつご用意できるか今のところ未定です。




  •  日食眼鏡関係、FAQ。
    •  Q:ダンボールと薄紙、または厚紙2枚とありますが、具体的にはどんなもの?
       A:2枚合わせて、眼鏡としてほど良い固さになれば、適当なもので結構です。当初、厚紙と薄紙では、ちょっとやわらかすぎるかと思ったのですが、市販の日食眼鏡を見るとその程度のものが多いですので、それでも良いかもしれません。薄紙とは、コピー用紙などで(付属の型紙そのものでも)結構です。なお、紙を2枚使うのは、フィルターをサンドイッチして、剥がれにくくするためです。

    •  Q:使用する糊は?強力な糊を使えば片面貼りでも大丈夫ですか?
       A:原則として水性の糊で両面貼り(2枚の紙でサンドイッチ)してほしいのですが、実をいいますと、筆者自身は、望遠鏡用では、強力な(有機性の)接着剤を使って片面貼りしたものも使っています。水性の糊が乾くのを待てない時にも、有機性の接着剤を使います。有機性の接着剤は、何種類か試しましたが、今の所、フィルターに悪影響が出たことはありません(接着剤は、なるべく薄く塗り、揮発成分がかなり蒸発してから貼付しています)。保証はしませんが、たぶん大丈夫だろうと思います。なお、水性の糊(事務用糊や木工用ボンド)で片面貼りは、少々不安です。

  •  望遠鏡用太陽フィルター関係、FAQ。
    •  Q:糊について
       A:日食眼鏡のFAQをご参照。



  •  ドーナツ式、作成方法の写真

       普通の(固い)ダンボールと、やわらかいダンボールを、用意します。
       さらに、きれいな紙を用意して、最後に巻きつけると、美しく仕上がります(今回の写真では、きれいな紙は使っていません)。
       やわらかいダンボールを、鏡筒先端部をちょうど1回転する長さにきります。
       固いダンボールに、外径(鏡筒先端部の太さ)、内径(フィルターサイズより小さいサイズ、フィルターサイズに余裕がある場合はレンズの口径より少し大きいサイズ)を作図します。
       写真の望遠鏡は、レンズ外周と鏡筒との口径差が小さいため、内径は、レンズの口径ギリギリにしてあります。これでも、ドーナツがかなり細くて、作りにくいです。
       ドーナツを切り抜きます。写真は1枚ですが、2枚作ります(1枚だけにして片面貼りでも作れないことはありませんが、使用時に、剥がれていないか注意して下さい)。
       太陽フィルターを、ドーナツで挟むように糊で接着し、余計な部分を切ります。ところどころ赤くなっているのは、私が赤いシャツを着ているからです(^^;)。
       やわらかいダンボールを、望遠鏡に巻き付け、テープ等で接着します。この先端部分に、先ほど作った、フィルター付きのドーナツを、糊などで接着します。
       これでほぼ完成。写真の白い部分は、糊(今回は木工用ボンド)ですが、ちょっと付け過ぎかも(^^;)。
       きれいな紙を巻く場合は、この上から貼ります。
       今回は、きれいな紙は巻きませんので、これで糊が乾いたら完成です。
       糊が乾きました。完成です。
       これは、以前に作ったものです。キャンプなどで地面に敷くマット(固いスポンジのようなもので、スポンジは青、片面にアルミ箔が貼ってあるもの)を使って作りました。
       マットを使うと、滑り止め効果があるため、望遠鏡から抜け落ちる心配があまりありません。このように、形を保つことができれば、何で作っても構いません。
       なお、このフィルターは、ピンと張りすぎです(^^;)。




トップページ