前へ
次へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □                               □ ■      米国西部、奇岩と峡谷の国立公園   第025号  ■ □                               □ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  こんにちは。hal-9000です。  このところ少々忙しく、また花粉が多くて集中力が削がれているため、 原稿が滞っています(^^;)。  今日は、小ネタとして、アーチとブリッジの違いをご説明します。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────────┐ │アーチとブリッジ│ └────────┘  この地域の奇岩で代表的なのが、アーチやブリッジなど、穴の空いた 岩です。  いずれも(一部例外がありますが)、岩に穴が空いているもの、つま り、穴の上で岩がつながっているものです。   _______      _______________  /  ___  \         |  /   \  \           _ │ │    │   \         / \ │  \___/    \        \_/    アーチ、ブリッジ           ホール  アーチは、門という意味で、日本でも「入口のアーチをくぐる」など のように使われる言葉ですね。  ブリッジは橋。こちらはもっと有名な単語です。  アーチで、穴の上や横の岩がとても厚い場合、ホール、ポット(ポッ ティ)などと呼ばれることもあります。  ホールは、日本でも良く使われる、穴という意味です。  ポットも、辞書を引いたところ、魔法瓶以外に、穴という意味がある ようです(ビリヤード用語のようです・・・ポケットと同じ語源かも)。  ホールとアーチとの区別は、特に定義らしきものは見当たりません。  さて、本題の、アーチとブリッジの違いなのですが、良く使われてい る定義は、次のものです。  「下を常に水が流れているのがブリッジ。そうでないのがアーチ。」    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   _______        _______  /  ___  \      /  ___  \     |  /   \  \    |  /   \  \    │ │    │   \   │ │    │   \   │  \/ //    \  │  \___/    \    / / ̄   /川/ ブリッジ         アーチ  / /  水が(川が)流れている!?  そんなのあるの!?  あるんです。おいおい、ご紹介します。  筆者も、この定義に、概ね賛成です。  これは、アーチとブリッジの成因によるものだともいえます。  アーチやブリッジのできた理由(メカニズム)は、将来改めてご紹介 します。  アーチの成因は、アーチーズ国立公園のご紹介に合わせる形でないと、 ご説明しづらいのです(^^;)。  ただ、この定義だと、曖昧なものも発生します。  というのは、雨が降ると水が流れる所もあるからです。  つまり、「常に」という所に、筆者はひっかかるのです。  逆に、もしもアーチから湧き水が出たら、どうするのでしょう?そう いう現物は見たことがありませんが(^^;)。  アーチとブリッジは、それができたメカニズムによって分けるのも、 一つの手かなぁと、筆者は思います。  しかし、他のいい加減なネーミングよりは、上記の定義は、はっきり していて好ましいです。  この地域には、水が流れていないのに(というか実態はアーチなのに) 「ブリッジ」と称する岩が、たくさんあります。  因みに、逆の例(水が流れているのにアーチという岩)は、ないよう ですが・・・。ブリッジの方が価値が高いと思われているのでしょうか。  余談ですが、アーチとブリッジを混用するのはまだ良いとして、穴が 空いていないのに「アーチ」というのは、どうかと思いますよね。  例えば、以前ご紹介したザイオンの「グレートアーチ」が、まだ穴が 空いていないアーチです。  アーチには「弓」という意味もありますので、まるっきりウソだとは 言えないのですが・・・。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────┐ │次号予告│ └────┘  すみません。未定です。  今日の原稿も、前日の金曜日に書いている自転車操業です。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌───────────────────┐ │米国西部、奇岩と峡谷の国立公園について│ └───────────────────┘  米国西部には、グランドサークルと呼ばれる、奇岩、峡谷の多い地帯 があります。  ここには、鉛筆を立てたような岩、アーチやブリッジ(どちらも橋)、 大きな丸い岩が今にも落ちそうに高い所に乗ったもの、形の整った岩、 整っていない岩、空がほんのちょっとしか見えない深い峡谷、見事な絶 壁、雄大な景観などが、たくさんあります。  グランドキャニオンは有名ですが、アーチーズ、キャニオンランドな どは、日本では今一つ有名ではありません。また、国立公園以外の場所 にある面白い岩などは、「地球の歩き方」にさえほとんど載っていませ ん。そういう見所をご紹介します。  この地域は、とても面白いです。素晴らしい経験ができます。ぜひと も、日本人の訪問が増えて欲しいと願っています。  登録・解除はこちらから   http://www.mag2.com/m/0000245249.html  過去の号はこちら   http://archive.mag2.com/0000245249/index.html  ホームページ:http://www.hal-9000.org   奇岩峡谷については、まだちょっとしか掲載していません。   抽選で天体写真プレゼント実施中。この地域で撮った写真がたくさ  んありますので、ぜひご応募下さい。  連絡先メール:mag@hal-9000.org   ご意見、ご感想、ご質問は歓迎します。   必ずしも返信するとは限りませんので、ご了承下さい。   頂いたご意見等は、メルマガで紹介させて頂くことがあります。   ペンネームをなるべくご記載下さい。  間違いだらけの天体望遠鏡選び(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193166.html  天文趣味を始めてみよう(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193171.html  一日一問、難問ナンプレ(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193285.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
           
前へ
次へ